花廓
完結/全11巻

花廓

完結
作者 鈴代 
出版社 シガリロ

あらすじ

「いい子にしてたら、褒美をやろう」没落貴族の藤丸(ふじまる)は妓楼・寧々屋(ねねや)の稼ぎ頭。元奉公人で妓楼の若い衆... 続きを読む

「いい子にしてたら、褒美をやろう」没落貴族の藤丸(ふじまる)は妓楼・寧々屋(ねねや)の稼ぎ頭。元奉公人で妓楼の若い衆である京吾(きょうご)を、いまだに自分のもののように扱い、「褒美」と称して己の唾液を与える。京吾は黙って褒美を享受し悦びに身を打ち震わすが――。妖艶で歪な廓物語、ここに開幕。

単行本 (全11冊)

この作品が好きなひとにオススメ