真昼のアステリズム
完結/全3巻

真昼のアステリズム

完結
作者 雪居ゆき 
出版社 69ロッキュー

あらすじ

「浩人(ひろと)、ずっと俺はお前のことだけを――!」
大学生の悠哉(ゆうや)は、祖父の代理で、ひと夏の間「海の家」を... 続きを読む

「浩人(ひろと)、ずっと俺はお前のことだけを――!」
大学生の悠哉(ゆうや)は、祖父の代理で、ひと夏の間「海の家」を預かることになった。大学の天体観測同好会のメンバーと幼馴染の浩人にも泊まり込みで手伝ってもらい、海の家は順調にオープンを迎える。実は悠哉はずっと、幼馴染の浩人に恋心を抱いていて、その想いを伝えられずにいた。海の家のひとつ屋根の下、これまでにないほど近い距離にいる浩人に、悠哉は自分の想いを伝えるべきか悩み始める。一方で、かつて悠哉とセフレ関係にあった天体観測同好会の先輩・岸(きし)は、未だに悠哉への想いを断ち切れずにいた。そんな岸の気持ちに気づいた浩人は……? 悠哉、浩人、そして岸。真夏の海で、星空の下で、それぞれの想いが複雑に交差し始める――。

単行本 (全3冊)

この作品が好きなひとにオススメ