1. トップ
  2. タグ
  3. エッセイ・日常・ほのぼの
  4. ぶんか社
  5. 大物女優の付き人は、ほぼ奴隷の日々でした。(分冊版)
大物女優の付き人は、ほぼ奴隷の日々でした。(分冊版)
既刊/5巻

大物女優の付き人は、ほぼ奴隷の日々でした。(分冊版)

作者 西つるみ  僕田友 
出版社 ぶんか社

あらすじ

俳優志望で大手芸能事務所に入ったボクちゃん(僕田友・21歳)の最初の仕事は、朝ドラのヒロインを務めたこともある国民的女優... 続きを読む

俳優志望で大手芸能事務所に入ったボクちゃん(僕田友・21歳)の最初の仕事は、朝ドラのヒロインを務めたこともある国民的女優の付き人だった! 月10万円という安月給で、送り迎えや荷物持ちをはじめ、いわれたとおりになんでもこなす日々。怒られてばかりだけれど、時々みせる女優の優しさにホロっとさせられたり、芸能人の金銭感覚や人間関係のドロドロなどに驚かされることも。365日24時間拘束され、自分を捨て相手のために生きる――そんな超ド級のブラック職業「付き人」の経験と芸能界の裏側を描いた、オール実話のコミックエッセイ!!

単行本 (全5冊)

  • 大物女優の付き人は、ほぼ奴隷の日々でした。(分冊版) 【第1話】

  • 大物女優の付き人は、ほぼ奴隷の日々でした。(分冊版) 【第2話】

  • 大物女優の付き人は、ほぼ奴隷の日々でした。(分冊版) 【第3話】

  • 大物女優の付き人は、ほぼ奴隷の日々でした。(分冊版) 【第4話】

  • 大物女優の付き人は、ほぼ奴隷の日々でした。(分冊版) 【第5話】