眼鏡の奥の欲情
完結/全1巻

眼鏡の奥の欲情

完結
作者 黒宮夕雅 
出版社 秋水社ORIGINAL

あらすじ

彼の長くて逞しい指に丁寧にしごかれると、濃厚なモノがタラタラと溢れだし、キレイに整えられていた彼のワイシャツとシーツ... 続きを読む

彼の長くて逞しい指に丁寧にしごかれると、濃厚なモノがタラタラと溢れだし、キレイに整えられていた彼のワイシャツとシーツを汚していく…。サウスエンド王国のレイ王子の1日は…側近・シアを発情させること!!毎日毎日、シアの膝にまたがり、濃厚なキスをしても、シアは応えてくれない。そんなとき、シアが遠い国へと仕えることが決まる。引き留めたい王子は、泣き落としてみたり、さまざまな方法を試してみるが、効果は全くなく、王子は最終手段に出ることに。全裸でシーツにくるまり、「最後に触れて…」と懇願する王子。シアは王子を押し倒し、尻と太ももをジワリと掴む。唇を寄せてきたシアから出た言葉は予想していなかった言葉で…!? ――表題作ほか『リーマンさんとコンビニくん。』『愛欲温泉旅行~召しませ湯けむり肌~』も収録。

単行本 (全1冊)

この作品が好きなひとにオススメ