野良犬の夜
既刊/7巻

野良犬の夜

作者 渋江ヨフネ 
出版社 フューチャーコミックス

あらすじ

「いいところをいじったら…αでも気持ちよくなれるよ」――アルファで刑事のエリックは捜査中、突然通り魔に“発情誘発剤”を注射... 続きを読む

「いいところをいじったら…αでも気持ちよくなれるよ」――アルファで刑事のエリックは捜査中、突然通り魔に“発情誘発剤”を注射されてしまう。道で行き倒れていたところをリーンと名乗る医者に介抱され、彼の家で一晩を過ごすことになる。発情の治まらないエリックはリーンに助けを求めイカせてもらうが…「足りない…まだ足りない」そのまま2人はケモノのように貪り合うセックスに溺れていく。この出会いは偶然か必然か、本格アダルティック・オメガバース、結末までお見逃しなく。

単行本 (全7冊)

この作品が好きなひとにオススメ