嘘つきのアトリエ
完結/全6巻

嘘つきのアトリエ

完結
作者 衿先はとじ 
出版社 メディアソフト
作品関連タグ

あらすじ

咄嗟の嘘からセフレになった、新鋭画家×元絵描きのすれ違いBL



小田若葉(おだわかば)は、老舗の上田画廊でス... 続きを読む

咄嗟の嘘からセフレになった、新鋭画家×元絵描きのすれ違いBL



小田若葉(おだわかば)は、老舗の上田画廊でスタッフとして働いている。

その上田画廊の専属作家・上田紅太(うえだこうた)は、美大時代の同級生で、憧れで、若葉が絵を描くのをやめた理由だった。

紅太の個展の準備に追われていたある日、疲れで朦朧とする意識の中、タガが外れて若葉は紅太とセックスをしてしまう。

翌朝、顔面蒼白になった紅太を見た若葉は咄嗟に、「(こういうことする)相手、おまえだけじゃないから気にするな!」と嘘をつき、二人はずるずると体の関係を続けることに。

そんな関係がうまくいくわけもなく、若葉も紅太も一体どこからやり直せばいいのかわからなくなってしまい……



ちゃんと告白して
ちゃんと恋人になって
大切にしたいと思ってたのに――



※「嘘つきのアトリエ」の1話~3話は、著者の同人誌「アトリエ」を加筆修正したものです。

※また、「嘘つきのアトリエ」はWEB雑誌『Charles Mag』に収録されているものの単話配信です。重複購入にご注意ください。

(※各巻のページ数は、表紙と奥付を含め片面で数えています)

単行本 (全6冊)

この作品が好きなひとにオススメ