霊能バトル
完結/全3巻

霊能バトル

完結
作者 小山田いく 
出版社 大洋図書

あらすじ

芹多実男 (せり たみお) が小学生の頃に海で出会った少女。
二人はすぐに仲良くなり一緒に遊んだが、その時、突如浜を襲っ... 続きを読む

芹多実男 (せり たみお) が小学生の頃に海で出会った少女。
二人はすぐに仲良くなり一緒に遊んだが、その時、突如浜を襲った地震と津波に遭遇し、名前も聞けないまま、離ればなれに…。
時が経ち、中学2年生になった多実男は、そんな事を思い出しながらその海水浴場のそばにいた。
親戚の五行家を久しぶりに訪れた多実男。
そこには多実男と同い年のいとこ、彩(さい)がいたが、いきなり目の前に出てきた彩の姿に多実男はビックリ!
なんとも怪しい格好で多実男の前に現れた彩だが、なんと、実は彼女は今や近所でも評判の霊感少女だったのだ。
多実男をタミーと呼び、有無を言わさず除霊の助手として引っ張り出す彩。
散々な目に遭い、助手を断ろうとする多実男だったが、彩に海で出会った少女の事を言い当てられ、彼女を探し出してもらうため渋々助手を続けることになり…。
彷徨える画家の霊からテレビスタジオの地縛霊、はたまた友達の家に取り憑いたちょっとエッチな幽霊まで、彩とタミーのドタバタ除霊が始まった?!
彩とタミーの凸凹コンビが繰り広げる、ちょっとほのぼの、たまにエッチな霊能コメディー!

小山田いく先生の当時の単行本コメント
『昔、ある殿様が、悪さをした使用人を数人殺しました。すると夜毎その幽霊が出るので困った家来が殿様にそれを伝えると、殿様は「殺しただけでは飽き足らぬ連中だったが、極楽にも行けず迷っているとは、いい気味だ。」と言ったそうです。それ以来、幽霊は出なくなったとか…。あ~人間って怖い。』

単行本 (全3冊)

この作品が好きなひとにオススメ