フォーナが走る
完結/全4巻

フォーナが走る

完結
作者 小山田いく 
出版社 大洋図書

あらすじ

東京都内の冥王高校に通う1年生の小此木春日と2年生の川瀬は、ある日学内にある地下室で不思議な少年と出会う。
「フォー... 続きを読む

東京都内の冥王高校に通う1年生の小此木春日と2年生の川瀬は、ある日学内にある地下室で不思議な少年と出会う。
「フォーナ」と名乗るその少年は生物資源局の一員として都内に生息する生物の変異体を追っていたところを空洞に住む変異体のコウモリに襲われ、地下室に転がり込んで来たのだった。
それはこれから続く変異体との戦いの序章に過ぎなかったのである。
フォーナを助けた事で事件に巻き込まれて行く春日と川瀬。
コウモリの大量死に事件の匂いを嗅ぎ付け、フォーナを執拗に追い始めるTV番組制作会社「ナン・ロラン」の日月由清(たちもりゆきよ)。
そしてフォーナをサポートする生物資源局の上司、田所分室長と「N」こと能瀬調査部次長。
人々を巻き込みながら、いま、異変は彼等の足下で静かに進んで行く…。
「ウッド・ノート」で鳥たちの生態を生き生きと描いた小山田いくが動物の生態系の破壊に鋭い警鐘を鳴らすサスペンスストーリー第1巻!

小山田いく先生の当時の単行本コメント
『ある、ひとつの地域には、さまざまな種類の動物、植物が住んでいます。これを動物相(フォーナ)、植物相(フローラ)と呼びます。今、そのバランスが確実にくずれはじめています。あなたのまわりでも、ちょっと注意すれば、それが見えるのです。生態系がくずれきらないように、願いをこめて、この作品を描きます。』

単行本 (全4冊)