よろこびは腕の中
完結/全1巻

よろこびは腕の中

完結
作者 加東セツコ 
出版社 芳文社
作品関連タグ

あらすじ

織戸葵は自分の弟への想いを抑えきれず、十代の頃逃げ出すように相良を頼り押し掛けて以来、13年も世話になっている。相良は... 続きを読む

織戸葵は自分の弟への想いを抑えきれず、十代の頃逃げ出すように相良を頼り押し掛けて以来、13年も世話になっている。相良は葵の母親の店から独立した実業家だ。居場所もなく、働きもせず、自分をろくでなしだと追い込む葵。そんな葵を抱き、ひとつ屋根の下で見守り続ける相良の本心は……? ブラコン性悪男と待つ男──激しくて切ないロマンスを艶やかに綴る。話題作「よろこびは膝の上」兄の恋、描き下ろしを加え待望のコミックス化。

単行本 (全1冊)

この作品が好きなひとにオススメ