購入はこちら ダブルクリックタップで拡大解除

おいらん姐さん

主人公

苛烈な女王様でありながら、情に厚く思慮深さをもつ遊郭の名物花魁

ストーリー

花魁の日常と遊郭に足を運ぶ男たちの、哀歓あふれる吉原遊女ロマン

世界観

江戸時代の吉原を舞台に、花魁たちと遊郭に訪れる人々の人間模様を描く

あらすじ

遊女の世話や雑用をしながら、遊女という生き方を学んでいく「禿(かむろ)」と呼ばれる少女たち。彼女たちが自分の姐さん方を「オイラん姐さん」と呼んだことから「花魁(おいらん)」という言葉が生まれたとか――。 江戸時代、吉原に栄えた遊郭・「新嬉楼」で、「地獄太夫」の異名を取り、大人気の橋立花魁。彼女の座を脅かす唯一の存在、「仏御前」と呼ばれる護法(みのり)太夫。それぞれの付き人、なみじ、しのまで巻き込んでのライバル対決の軍配は、果たしてどちらに……!? お江戸の哀歓あふれる日常を描いた、吉原遊女ロマン。町人が、武士が、いきいきと生活していた時代が甦ります……!!

作者:
鈴木あつむ
出版社:
実業之日本社

全巻プレゼント抽選対象漫画

もっとみる
prev
next

この作者の他の作品