購入はこちら ダブルクリックタップで拡大解除

夢見が原

主人公

正義感が仇となり、学校が息苦しく感じる優等生(『怪談すすきが原』より)

ストーリー

伝承に秘められた怪奇譚。子供達が体験した3つの不思議な物語を収録

世界観

子供の頃に聞いたおとぎ話。もしかしたら、本当のお話かもしれませんよ…

あらすじ

夢見が原に住む鬼は、狙った相手に甘い至福の夢を見せ、夢に酔いしれる間にその魂を喰い尽くす…最後まで夢だと知らずに笑みを浮かべて逝くのなら、それはそれで幸せなことに違いないーー。【夢見が原】「すすきが原は不浄の地やから行ったらあかん」幼い頃から祖母にそう言い聞かされてきた。けれど私は行ってしまったーーすすきが原に……。【怪談 すすきが原】陣取り、虫取り、鬼ごっこ。毎日みんなで日が暮れるまで遊んだ。だけど影踏み鬼だけはやらない方が良い…。山から小鬼がやってきて、踏まれたら、最後ーー…。【影踏み鬼】 少女向けホラー漫画界の巨匠が描く、単行本未収録、幻にして珠玉の3作品を電子書籍にて初単行本化!!

作者:
曽祢まさこ
出版社:
グループ・ゼロ

作品関連タグ

この作者の他の作品

関連作品