購入はこちら ダブルクリックタップで拡大解除

首斬り朝 大合本

主人公

当代一の腕前を持つ、「首切り朝」こと死刑執行人の山田朝右衛門

ストーリー

いかなる理由があろうとも、罪を犯した者を処刑する。それが首切り朝の務め

世界観

町人であっても罪を犯せば、首を斬られて処刑されることもあった江戸時代

あらすじ

傑作時代劇コミック『首斬り朝』が大合本となって登場!(1~3巻収録) 1巻内容紹介 処刑執行人の山田朝右衛門、通称首切り朝。処刑の間際の人間模様を描く、小池一夫の新境地。 2巻内容紹介 妖刀として名高い、かの千字村正が首切り朝の元へ持ち込まれる。災いをもたらす妖刀の影には陰謀が付きまとっていた・・・・。 3巻内容紹介 悪徳商人を成敗した侍が首切り朝の元に連行されてきた。その侍は首切りと旧知の仲だった。首切りがとった行動とは?

作者:
小池一夫;小島剛夕
出版社:
ゴマブックス

作品関連タグ

この作者の他の作品

関連作品