購入はこちら ダブルクリックタップで拡大解除

華散るが如く

主人公

没落した武士の娘を買い、ある目的のために江戸一の花魁に育てる女衒の男

ストーリー

武士の娘という自尊心を捨て、本能のまま湧き上がる快楽に従え!

世界観

生娘から江戸一の花魁になるため、町外れのあばら家で男を教え込まれて…

あらすじ

江戸・吉原。「おっ、見ねぇ、花魁道中だ」道行く人々が足を止める。“蛇”が言う。「お鶴、いいかよく見ておけ。これが吉原百万両の大傾城、蒼桐花魁だ」それが私と、生涯を賭して戦う事になる蒼桐花魁との初めての出会いだった。私は没落した武士の娘だった。父は農業を始めたが上手く行かず、もう質種も尽きて明日の食い扶持にも困っていた。まだ幼い弟妹の為に私にできる事は、自らの意志で人買いに買われる事だった。人買い“蛇”に、私は生娘のまま、男を悦ばす手管を教え込まれていく。「見ただろうあの蒼桐の見事な花魁道中。お前は今日からあれを目指せ。吉原一と謳われる蒼桐を超えてみせろ、お鶴」私が、あの人を超える花魁に…!?

作者:
花里ひかり(作画) 神月一八(原作)
出版社:
グループ・ゼロ